プラスアルファのコツ

Webページの情報を共有しやすくしよう

ウェブサイトを訪れたユーザーが、単独で決断するのではなく、複数の人と相談して決める場合があります。

・結婚式の2次会の会場探し
・企業における機材の購入
・グループで旅行に行く

例えば上記のような場面では、単にウェブサイト上に詳細な情報を提供するだけでなく、サイト閲覧後もその情報を複数の人に共有してもらえるかが、その後の結果に大きく影響すると思われます。

印刷しやすいか

もっともベーシックな情報共有方法は印刷です。プリントアウトしたページを持参し、複数の人で検討をします。

印刷に最適化された専用ページやスタイルシート、PDFファイルを用意する方法が有効だと考えられます。

印象が大切な商品は、写真も重要

言葉だけでは伝わりにくい製品や、印象が重要な商品やサービスの場合には、イメージ画像や写真を多数用意することが重要となります。


≪前の記事 お客様と向き合うのではなく、横に立とう
≫次の記事 目の動きは「F」パターン

売れるネットショップ作りのコツ