買えない理由

配送料が不明瞭なサイトでは買えない

通信販売である以上、配送料がかかります。
お店と配送先の距離によって料金が変わるお店や、全国一律料金のお店、また購入金額によって、配送料の負担が変わるお店などもあり、配送料金の設定は、お店ごとに大きく異なります。

お客様は、自分が負担する配送料を、今知りたい

もしも、配送料金がどこに記述されているのか分からない場合、そのサイトでの購入をためらうお客様は多いと思われます。

また、配送料金に関する説明を見つけたとしても、地域・商品寸法・重量・購入金額など、複数の条件によって金額が決まる複雑なシステムになっている場合にも、自分が支払うべき配送料が判断できず、結局購入せずに離脱するケースが増えてしまうでしょう。

『疑問』は、ショップに対する『不安』や『不満』に変わる

お客様が、ネットショップにいだく疑問は、そのままそのショップに対する不安や不満になります。わざわざ不安や不満を感じるお店で、誰も買い物をしたいとは思わないものです。

配送料について、一切の不安を取り除く、分かりやすいインフォーメーションを用意しましょう。

出来れば、シンプルでわかりやすい料金体系にすることをお勧めします。

配送料金に限らず、あらゆる点において、シンプルで分かりやすいシステムにすることを目指しましょう。複雑にすればするほど、お客様の不安は大きくなり、成約へのハードルを押し上げてしまいます。

シンプルな料金体系は、スムーズな運営にも効く

また、複雑な料金体系は、料金算出の手間の分だけ、運営側の負担が増えます。始めは小さな負担かもしれませんが、お客様の利用件数が増えるに従って、見過ごせない作業量に積み上がってしまうものです。

最初から、シンプルでわかりやすい料金体系を導入して、スムーズな運営を心がけることをお勧めします。


≪前の記事 見た目(画像)が悪い商品は買いたくない
≫次の記事 売れるホームページには、シナリオがある

売れるネットショップ作りのコツ