お客様は「買いたい」のに「買えない」のかも知れない

お客様は「買いたい」のに「買えない」のかも知れない

「良い商品」「良いサービス」を提供しているのに、売れない・・・。
商品の良さをしっかりアピールしているのに、売れない・・・。
アクセス数の割に、売れない・・・。

もしかしたら、お客様は「買いたいのに、買えない」状態なのかもしれません。

買いたいのに、買えない不幸

例えば、「鮮魚」の通販サイトを訪れる人にとって、魚が新鮮で美味しいことはもちろん重要なことですが、もしも納期が明記してなかったとしたらどうでしょう?

お客様は購入をためらってしまうのではないでしょうか。

届く日の目安が分からなければ、新鮮な魚を食べるための準備が出来ません。
つまり購入することが出来ません。

購入をためらう要因を取り除こう

買いたいのに買うことが出来ないのは、お互いにとってとても不幸なことです。

お客様が抱くであろう「不安」や「疑問」を先回りして解決することが大切です。

お客様が感じる不安や疑問を放置したまま、商品やサービスの「ウリ」をいくらアピールしたところで、成約率の向上は見込めません。

そうは分かっていても、強い思い入れが邪魔をして、伝えたいことばかりが先行してしまい、なかなか客観的にサイトを見られない───それが、現状ではないでしょうか。

そのような場合には、ぜひこのウェブサイトのコンテンツをお読みいただき、ご自身の管理するサイトに当てはめてながら考えてみてください。
“お客様が購入をためらう理由”を見つけ出す一助になるかも知れません。

本当に大切なことは、10年前から何も変わっていない

当ウェブサイトでは、他人からの聞きかじりではない、実践に基づく情報を中心に発信しています。

ネットショップは開店したら完成ではありません。
開店した瞬間がスタートなのです。
売れない理由、反応がない理由を見つけて、改善し続けることが大切です。

本当に大切なことは、10年前から何も変わっていません。

  • 情報をスムーズに伝えるためのシナリオが不足していないか?
  • 買いたくても買えない状態になっていないか?
  • ネット通販の特性に合っているか?

様々なポイントを、お客様の立場に立って丁寧にチェックし、問題が見つかればすぐに改善してみてください。

最初はなかなか変化が現れないかも知れません。
それでも、あきらめずに改善を続けていれば、やがて売れ出す瞬間がやってきます。

そうなれば占めたものです。
「買いたいのに買えない」状態を脱することが出来れば、ホームページの改善作業は加速します。
お客様の反応を見ながら、改良することが出来るのですから。

売れるネットショップの作り方カテゴリの最新記事