ネット通販は、商品に関する分厚い情報を得られるものだから…

ネット通販は、商品に関する分厚い情報を得られるものだから…

リアルの店舗では提示しきれないような多くの情報も、ホームページならば提供することができます。

インターネットで検索するユーザーの多くは、情報を探しています。
十分な情報を得たうえで、購入へと進む傾向があるように思います。

お客様が欲しい情報を、十分に提供することが重要

例えば、「もう少し商品の写真を見たいな」と思ったユーザーは、さらに何点かの写真を見なければ、購入という行動に進むことができません。

「もう少し、商品の特徴を知りたいな」と感じているユーザーは、さらなる情報を得なければ、やはり注文には進めません。

そうした欲求に応えるようコンテンツを充実させることは、購入へのハードルを下げることにつながります。

ユーザーが、どんな情報を欲しているかを想像して、十分な情報を提供するよう心がけましょう。
形、色、形状、質感、大きさ、重量等を伝えるためには、ただカタログの写真をスキャンしただけでは不十分です。

複数の写真やオリジナルの文章で、商品の特徴を分かりやすく伝えましょう。

お客様は、尋ねてくれない

「写真をもっと見たい」「情報が欲しい」

情報を欲しているお客様は、「このサイトでは、その欲求が満たされない」と感じた瞬間に、他のウェブサイトを検索し始めてしまいます。

せっかく訪れてくれたユーザーの離脱を防ぐためにも、他店に負けないようしっかりとコンテンツを充実させましょう。

売れるネットショップの作り方カテゴリの最新記事